カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

ヘマタイトってどんな石?


ヘマタイトとは、
身に着ける人の血液に力を与えるエネルギーを持ち、
血流の働きを活性化させる事から、運動能力の向上や、
肉体労働による疲労の回復など、持久力を高める効果を
持ちます。

ヘマタイトの石言葉は、
【勝ちを取る、心の内に燃える思い

⇒ ヘマタイトアクセサリー

エネルギーを秘めたヘマタイト


鉄鉱石の一種で、塩化鉄が炭酸石灰又は水蒸気と反応して生じた、
接触鉱床中や火山の噴気孔、緑泥石銅鉱脈などから産出されます。
名称は、この鉱物の切断、研磨の際に真っ赤な切粉を出すことから、
ギリシャ語の「血」の意味「hema」から由来しています。
英語のヘマタイトという名は、ベンガラ(赤鉄鉱の粉末化したもの)
のように、しばしば鉱石が赤色であることから、ギリシア語の「血」より由来しています。
ヘマタイト ← クリック


ヘモグロビンと同じ語源を持っている(ヘモグロビンは赤血球に含まれる酸素を運ぶ分子で、
血液を赤く見せているのは鉄である)。

赤鉄鉱の色は顔料としてもよく用いられます。
 
ヘマタイトとはギリシャ語で「血の石」という意味です。  
黒っぽい石なのですが、研磨すると銀色の光沢を帯びるので、
鏡の代用とされたり、「黒ダイヤ」として売られたこともあります。

さらに傷を付けるとそこだけ赤くなるため、この名が付けられたと言われてます。
ヘマタイト ← クリック